dカード

dカードは電子マネーチャージに使えるの?対応状況を調べてみた!

dカードは電子マネーチャージに使えるの?対応状況を調べてみた!

dカード/dカード GOLD申し込みで還元キャンペーン中!

dカードを活用するにあたり気になるのは、電子マネーチャージへの対応可否ですよね。

SuicaやWAONなどへ残高をチャージできれば券売機等でチャージをする手間がかかりませんし、さらにクレジットカード側でチャージ金額分のポイントまで貯められれば二重にお得です。

そこでこの記事では、dカードにおける各種電子マネーチャージやポイント付与の対応可否を調べた結果を紹介します。

dカードを電子マネーチャージ用に活用したい方は、参考にしてくださいね。

dカードはSuicaへチャージしてもポイントが貯められない

dカードは電子マネーチャージに使える?

dカードはSuicaチャージにも利用できますが、残念ながらポイント付与の対象ではありません

券売機に並ぶ手間をかけずに残高をチャージできるのはメリットですが、ポイントは貯められないので注意しましょう。

モバイルSuicaへのチャージでも、ポイントはもらえない

スマートフォンなどの対応機器で使えるモバイルSuicaのチャージ用クレジットカードに、dカードを登録することもできます。

しかし残念ながらモバイルSuicaへのチャージにdカードを利用しても、dポイントを貯めることはできません

ポイントを貯めたい場合はSuicaへのチャージが1.5%還元の対象であるビューカードに入会したり、Orico Card THE POINTやリクルートカードなどSuicaチャージによるポイント還元に対応するカードを手に入れたりしましょう。

ポイントがたまらなくても構わないのであれば、dカードでモバイルSuicaの残高チャージを利用しても大丈夫ですよ。

SMART ICOCAも対象外

JR西日本エリアではICOCAが展開されていて、スマートフォン向けにSMART ICOCAのサービスも開始されていますが、dカードによる残高チャージでのポイント還元は行われていません

SMART ICOCAへのチャージでポイントを手に入れたい場合も、基本的に別途対応するクレジットカードを用意するのがおすすめです。

PiTaPaやPASMOには非対応

dカードは、後払い式の交通系電子マネーであるPiTaPaの利用や、関東エリアで展開中のPASMOへのチャージには対応していません

それぞれ三井住友カードやToMeCardなど、対応するクレジットカードを用意して支払い・チャージに利用しましょう。

dカードはnanacoチャージでのポイント還元に非対応

dカードは、nanacoチャージによるポイント還元に非対応です。

またそもそもnanacoへのクレジットチャージは一部のカードでしか行えず、さらにdカードはnanacoチャージの対象カードとして明言されていないため、チャージ自体もできないと考えられます

nanacoチャージでクレジット決済のポイントを手に入れたい場合は、セブンカード・プラスなどの対象カードへ入会するのがおすすめですよ。

dカードはWAONチャージに使えない

dカードは、WAONへの残高チャージに対応していません

WAONへチャージできるクレジットカード自体がイオンカードや三井住友カードなど一部のクレジットカードに限られ、ポイントを貯められるクレジットカードはイオンカードセレクトなどさらにごく一部です。

WAONチャージでクレジットカードを活用したい場合は、別途他のクレジットカードへ入会しましょう。

イオンカードセレクトなら年会費無料なので、dカードとの二枚持ちも容易ですね。

dカードで使う電子マネーはiDがおすすめ!

dカードは標準でiDが使える

dカードで最も活用しやすい電子マネーは、後払い式の「iD」です。

iDはイオンやイトーヨーカドーなどのスーパーに加えて、コンビニや自販機、レストランなど幅広い場所で使えます

加盟店がとにかく豊富であるため、近所のお店のレジや入り口などで「iD」のロゴマークを見たことがある方も多いでしょう。

後払い式であるiDはチャージ不要、利用金額は後日クレジットカード側へ請求されるしくみです。

dカードやdカード GOLDには元々iD機能が付帯されているので、カードを電子マネーリーダーにかざせばもれなくiD決済ができます。

iDで支払えば、クレジット支払いの場合と同じく、100円につき1ポイントのdポイントも貯まる(1%還元)ので、還元を受けられてお得なのも見逃せません。

dカードにiD付帯、スマホでのiD決済もOK

iDはdカードに内蔵されている機能に加えて、スマホに機能を追加することもできます

例えばiPhoneでは、Walletアプリにdカードを登録することで「Apple Pay」のシステムを用いたiD決済ができるようになります

AndroidではiDアプリにdカードを登録し、iDでの決済が可能です

財布を忘れてもスマホがあれば支払いができるのも、iDの優れたポイントですね。

iDならポイントも貯められる!

iDでは、通常100円につき1ポイントのdポイントを貯められます(1%還元)

さらに特典などを利用すれば、還元率を1%以上にアップさせられる場合もあります。

そして貯めたdポイントは、2,000ポイント=iDキャッシュバック2,000円分として交換し、iD決済時の支払額に充当できるのも嬉しいですね。

dカードで電子マネーを活用するなら、やはり最強なのはiDです。

dカードでWebMoneyチャージするなら、MasterCardブランドを選ぼう!

webmoney

インターネット上のゲームやお店ではWebMoneyによる支払いができることがありますが、dカードでWebMoneyの残高をチャージするならMasterCardブランドを選びましょう

VISAブランドのdカードは、WebMoneyチャージに対応していないためです。

「世界中で普及しているVISAブランドを選びたい」という方もいるかもしれませんが、MasterCardブランドも国内外に加盟店が多く、VISAと同様使えるお店は多いのでご安心ください。

dカード/dカード GOLDだけを申し込むならdカード公式サイトからの申し込み

ドコモ光と一緒に申し込むならGMOとくとくBB×ドコモ光からの申し込み

がお得です。

dカード/dカード GOLD おすすめの申し込み先

公式サイト

dカード公式サイト
dカード GOLD公式サイト

特典1 入会後すぐ使える使えるiDキャッシュバック
dカード :1,000円分
dカード GOLD:2,000円分
特典2 ドコモの料金支払いをdカード払いにするともらえるiDキャッシュバック
dカード :1,000円分
dカード GOLD:1,000円分
特典3 入会の翌月末までにエントリー&20,000円以上利用でもらえるiDキャッシュバック
dカード :4,000円分
dカード GOLD:8,000円分
特典4 入会の翌月末までにエントリー

翌々月末までに「こえたらリボ」と「キャッシングリボ」を設定
でもらえるiDキャッシュバック
dカード :2,000円分
dカード GOLD:2,000円分
合計 dカード :最大9,000円分
dカード GOLD:最大15,000円分

dカード申し込みはこちらdカード GOLD申し込みはこちら

ドコモ光+dカード GOLD おすすめの申し込み先

まだドコモ光を利用していない方は、光回線もドコモ光へ乗り換えすれば、下記2つの割引・還元が受けられるのでおすすめです。

  • ドコモ光セット割でスマホ1台につき最大1,000円×家族回線分の割引
  • dカード GOLDを持っていればドコモ携帯+ドコモ光利用料金の10%還元

さらに、ドコモ光+dカード GOLDをGMOとくとくBBで申し込めば、独自キャンペーンが受けられるので超お得!

GMOとくとくBB
GMOとくとくBBのドコモ光
特典1 ドコモ光(+オプション)申し込みで現金キャッシュバック
オプションなし :5,500円
DAZN for docomo または スカパー :15,000円
ひかりTV for docomo(2年割) :18,000円
ひかりTV for docomo(2年割)+DAZN for docomo:20,000円
特典2 訪問サポートが初回無料(通常7,400円)
特典3 セキュリティソフト(マカフィー)が1年間無料(通常500円/月)
特典4 工事費無料(最大1.8万円分)
特典5 dポイントプレゼント
新規契約・事業者変更(フレッツ光から乗り換えの方以外):10,000円分
転用(フレッツ光から乗り換えの方) :5,000円分
特典6 他社ケータイからドコモへ乗り換えで10,260円分のdポイントプレゼント
特典7 高速通信のv6プラス&v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタルがずっと無料(通常300円~500円/月)
特典8 dカード GOLDも申し込みで5,000円分のGMOポイントプレゼント(+ドコモ光公式特典:最大15,000円分のiDキャッシュバックプレゼント)
合計 2年間合計で最大80,300円分
dカード GOLDも申し込みなら100,300円分

ドコモ光+dカード GOLD申し込みはこちらキャンペーン詳細をみる